点耳薬の使い方

お薬豆知識

点耳薬の使い方をご紹介します。

点耳薬とは、耳の中に薬液を滴下する(しずくを落とす)タイプの薬です。
※目薬と容器が似ている物もあるので目に点さないようご注意ください。

使い方

★使う前に・・・★
冷たい液を耳に入れると、めまいを起こすことがあります。
使う前に手のひらで容器を握って、体温に近づけてから使用してください。

お薬豆知識

①手を洗ってください。

②医師の指導にしたがって、綿棒などで軽く耳の中の分泌物を掃除してください。

③容器を手で握って、薬液を体温に近づてください。  
 ※冷たいまま点耳すると、めまいを起こすことがあります。

④点耳する耳を上にして、横向きに寝てください。
 お子様の場合は保護者の方の膝の上で行うとよいでしょう。

⑤容器の先が耳に触れないようにして、耳の中に指示された滴数を入れてください。
 ※軽く耳たぶを後ろ側に引っ張ると、液が奥に行きやすくなります。  
 ※唾を飲み込むようにすると液が奥まで行きやすいです。

⑥横になったまま10分程度、同じ姿勢でいてください。

⑦清潔なガーゼやティッシュなどで耳を押さえながら起き上がってください。
    耳の外へ流れ出た点耳液はふき取ってください。