お子様に薬を飲ませる方法

病気で具合の悪いお子様にお薬を飲ませるのって結構大変だったりしませんか?
こうすれば絶対大丈夫!という方法はありませんがいくつかご紹介します。

乳児の場合

お薬豆知識

赤ちゃんの口はとっても小さくて、お薬を入れるのさえも難しくありませんか?

粉薬は少量のお水か湯ざましでペースト状にします。
この時の固さは耳たぶやお団子くらいが目安です。
これをきれいに洗った指先に乗せて上あごか頬の内側にすりつけます。
そして水か湯ざまし、ミルクなどを流し込みます。

飲ませにくい時は…

お薬豆知識

・1回で飲みきれる量の水や湯ざましに溶かして哺乳瓶の乳首で飲ませる方法もあります。
・スプーンやスポイトで少しずつ飲ませる方法もあります。
・一般にお薬をミルクに混ぜて与えることはしません。
(ミルクの味が変わってミルク嫌いになるのを防ぐためと言われています。)

幼児の場合

お薬豆知識

水薬も粉薬もできれば他のものに溶かさないでそのまま飲ませる習慣をつけましょう。
これができるようになるとお子様への服薬がとても楽になります。

粉薬を飲ませるときの注意

必ず服用直前に加工してください。時間が経つと苦みが出たりして飲みづらくなることがあります。
一口で飲み切れる量がおすすめです。多いと飲み残しの原因になります。
完全に溶かすことにこだわらなくても大丈夫です。
粉薬を混ぜるものとの相性もあります。溶かすことで飲みやすくなる組み合わせ、飲みにくくなる組み合わせがあります。
また効果が落ちる組み合わせもあります。お薬によって違いますので、その都度薬局で確認してください。