お役立ち集

お薬豆知識

HOME MEDICATION

お子様に薬を飲ませる方法

病気で具合の悪いお子様にお薬を飲ませるのって結構大変だったりしませんか?
こうすれば絶対大丈夫!という方法はありませんがいくつかご紹介します。

乳児の場合

赤ちゃんの口はとっても小さくて、お薬を入れるのさえも難しくありませんか? 

粉薬は少量のお水か湯ざましでペースト状にします。
この時の固さは耳たぶやお団子くらいが目安です。
これをきれいに洗った指先に乗せて上あごか頬の内側にすりつけます。
そして水か湯ざまし、ミルクなどを流し込みます。

飲ませにくい時は…

・1回で飲みきれる量の水や湯ざましに溶かして哺乳瓶の乳首で飲ませる方法もあります。
・スプーンやスポイトで少しずつ飲ませる方法もあります。
・一般にお薬をミルクに混ぜて与えることはしません。
(ミルクの味が変わってミルク嫌いになるのを防ぐためと言われています。)

幼児の場合

水薬も粉薬もできれば他のものに溶かさないでそのまま飲ませる習慣をつけましょう。
これができるようになるとお子様への服薬がとても楽になります。

粉薬を飲ませるときの注意

・必ず服用直前に溶かしましょう。時間が経つと苦みが出たりして飲みづらくなることがあります。
・必ず飲みきれる量の水等に溶かしてください。多いと飲み残しの原因になります。
・粉薬を混ぜるものとの相性もあります。溶かすことで飲みやすくなる組み合わせ、飲みにくくなる組み合わせがあります。
・また効果が落ちる組み合わせもあります。お薬によって違いますので、その都度薬局で確認してください。

坐薬の使い方

・使用の前後、必ず手を洗ってください。
・赤ちゃんはオムツを替える時の姿勢で行います。
・坐薬の先や肛門にベビーオイルやオリブ油、水をつけると無理なく入ります。
・包装から取り出しティシュペーパー等でつまみ、尖った方を先にして肛門に挿入します。指の第1関節まで入れる感じで4~5秒押さえた後ゆっくり足をのばすと入ります。

複数の坐薬を同時に使用する場合

・坐薬は室温で保管できるものもありますが、原則冷蔵庫で保管しましょう。
 特に夏季は車の中が熱くなりますので長時間置かないようご注意ください。
・カットする場合は中身を出す前に包装の上からハサミなどで切るようにしてください。
・同じ名前の坐薬でも含量が違うものがあります。
 よく確認し間違えないようご使用ください。
・大人の坐薬を子供に使うのは危険です。絶対に使わないでください。

坐薬を併用する際の注意点

お子様の場合、解熱鎮痛剤と抗けいれん薬、または解熱鎮痛剤と吐き気止め等と2種類の坐薬を組み合わせて使うことも珍しくはありません。
しかし坐薬を併用する場合、使う順番によって有効成分の吸収に影響が出ることもありますので十分にご注意ください。

例1) 熱性けいれんでダイアップ(抗けいれん薬)とアンヒバ(解熱鎮痛剤)を併用する場合

まずダイアップを先に入れ、30分くらい経ったらアンヒバを入れます。

例2) 吐き気止めのナウゼリンと解熱鎮痛剤のアルピニーを併用する場合

まずナウゼリンを先に入れ、30分くらい経ったらアルピニーを入れます。

坐薬の基剤(薬の成分を溶かしているもの)は大きく分けて水溶性のものと油脂性のものがあります。

水溶性基材

ダイアップ(抗けいれん薬)
ナウゼリン(吐き気止め)
エスクレ(鎮静・催眠剤、抗けいれん薬)

油脂性基材

アンヒバ、アルピニー(解熱鎮痛剤)
エポセリン(抗生物質)
ワコビタール(鎮静・催眠剤、抗けいれん薬)
テレミンソフト、新レシカルボン(便秘薬、※成人用)
ネリプロクト、ボラザG(痔疾用剤、※成人用)

同じ特性の基材の場合

一つ目の坐薬を挿入後、坐薬の排出の有無を確認し5分あけて二つ目の坐薬を挿入してください。

お通じの坐薬

他の坐薬と併用する場合は他の坐薬を先に入れ、十分に吸収されるのを待ち、1時間くらいあけてから入れてください。

坐薬をしたらウンチをしてしまった!!

挿入後すぐで坐薬が溶けずに出てきてしまった場合

すぐにもう一つ入れてください。

挿入後少し時間が経っていてウンチの中に坐薬が見えない場合

坐薬が溶けて一部吸収されている可能性があります。
一時間くらい様子をみてください。効果が出てこない場合はもう一つ入れてください。
(※この場合、判断が難しいのでかかりつけの医師や薬剤師に相談してください)

挿入後1時間くらい経っている場合

薬はほぼ吸収されています。効果が出るのを待ちましょう。

以下に3種類の坐薬について効き目が出てくるまでの時間と効き目が持続する時間の目安を載せておきます。
あくまでも目安で、その時の状態によって変わることがあります。ご了承ください。

商品名 効果が発現する時間 効果が持続する時間
アンヒバ、アルピニー(解熱鎮痛剤) 30分以内 約4時間
ダイアップ(抗けいれん薬) 15分~30分以内 約8時間
ナウゼリン(吐き気止め) 1時間~1時間30分 約7時間

お気軽にご相談ください。
〒386-1213 
長野県上田市古安曽1865-5

0268-38-7775

お問い合わせ

Copyright (c) 有限会社アイソトープ. All Rights Reserved.